トップ画像

最新情報

最新のお知らせ


2022年8月18日 : 第1245回経営者モーニングセミナー
日 時: 8月16日(火)
場 所: 若鮨はさま館
講 師: 株式会社ケンオート 代表取締役
    仙南倫理法人会 会長
    小原 健一 氏

テーマ: 役を受けきる実践


お盆の最終日、登米市倫理法人会は明るく元気に第1245回経営者モーニングセミナーを開催致しました。
倫理法人会 北海道・東北方面会で一番実績と勢いのある単会会長の講話。
NTTのサラリーマンから一転起業。株式会社ケンオート設立 代表取締役。

2012年仙南倫理法人会入会。
2019年会長就任。
その時は会社が大変な時で、倫理をやっている場合、ましてや会長を引き受ける状態ではなかった。
今迄は受動的だったが、役は喜んで受ける、出来ない人に役は回ってこない。
純情(すなお)な心持ちですべて無条件で(倫理の教え通り)会長を受ける。
やるからには楽しくやりたい。モーニングセミナーが会運営の要。MS革命を実践する。
年3回、ゲスト30人を迎えての100人MSの実施。
併せて既存会員の訪問→予想と違いわざわざ来てくれてありがとうと会員様からの有難い感謝の弁→物事やってみなければわからない。


100日間(3か月)の3つの実践
①笑顔でパッと起床 ②夜は感謝して寝る ③普及は必達
3カ月継続すると習慣になる。責め心のない厳しさがリーダーの条件。
やり切ることが出来たのは会長職を受けた事に尽きる。
早速良いお手本を実践していきましょう。
貴重な講話、有難う御座いました。








2022年8月9日 : 第1244回経営者モーニングセミナー
日 時:8月9日(火)6:00~7:00
会 場:若鮨はさま館
講 師: ミーナ・センス研究所
    仙台広瀬倫理法人会 専任幹事
    三浦 由美 氏

テーマ:困難は未来からのギフト


仙台広瀬の女性会員増員の立役者。倫理法人会に入会してわずか2年半でこの実績。
見た目と違って壮絶な過去。倫理と出会って救われる。あらゆる自己啓発セミナーに参加して投資したが自分を変えることは出来なかった。
しかし、倫理法人会に誘われて参加した結果、会場を出たくない、この人たちと離れたくないという心境になる。
現在3つのことを実践
①自己愛の実践(過去の経験から自分を責めない)
②感謝の実践(母親の足洗い)
③挑戦(富士研参加)

何をやるかではなく、誰とやるかが重要。自分はダメ人間で必要ない人間と思い、自分で自分自身をダメにしていた。
専任幹事の仕事。希望の可能性のある種に土となり太陽となり、成長させ花を咲かせるのが私の役目。
人生には不幸の山と幸せの山があり、同じ高さで重なっている。だから見えないけれど必ず不幸の先には幸福が待っている。
本日モーニングセミナーに参加した人は「早起きは人生の宝物」を頂いたと思います。有難う御座いました。



<会長挨拶に続き、会員スピーチは 菅原敏朗幹事でした。>









2022年8月2日 : 第1243回経営者モーニングセミナー
日 時:8月2日(火)
場 所:若鮨はさま館
講 師:tetote行政書士法人 代表社員
    仙台はせくら倫理法人会 幹事
    佐久間 康丞 氏

テーマ「未来をデザインする『想い』の力」


39歳
元ミュージシャン(ギタリスト ヤマハ専属講師 専門→エレキギター アコースティックギター)から転職して行政書士になる。
7月までは共同経営していたが8/1より完全独立経営となり2日目の講話。
第21期 倫理経営塾 卒塾。
今までは労働の対価はお金だと考えていたが、人から「ありがとう」という感謝の言葉をいただくことが本当の対価と気づく。現在はこの想いを力に変え、企業の進化を導く手になりたい。将来は財務コンサルティングも目指したい。
好きなことを仕事にすることが良いのかどうかは意見の分かれる事だと思いますが、皆さんはどうでしょうか?
素晴らしい講話、有難うございました。
-追伸-
「路傍の石」は「寝坊の石」になりましたが、ハラハラドキドキしましたが、この石は価値のある石でした。






<牛神社をご参拝いただきました。
向かって右側が第21期卒塾生 北海道倫理法人会 小野寺 勝 副幹事長。
左側が、はせくら倫理法人会 星 俊介 朝礼副委員長です。
佐久間さんの応援に来ていただきました。>



    
2022年7月26日 : 第1242回経営者モーニングセミナー
日 時: 7月26日(火)6:00~7:00
場 所: 若鮨はさま館
講 話: オーイズミ 代表
     仙南倫理法人会 青年委員長
     県内レクチャラー
     大泉 雅史 氏

テーマ:「 好きなことを仕事にするということ
       ~苦難は幸福の門~ 」


職業 39歳イケメン マジシャン
29歳まで東北福祉大学職員。
しかし、好きなマジシャンになる為に安定した職を捨て、信念と情熱を貫き通してマジック一直線!
休みなしで働くことが苦にならず、二年連続730日、一日も休みなし。
最初は仙台国分町の入口の阿部フォトビル前で路上マジック(もちろん営業許可なしで)。
【お客様がいなければいる所に出向く】
ここで培った苦しい時の経験が現在の自分を創る。
やると決めたらとことんやる。素晴らしい精神力。頭が下がります。
講話の締めは質問の時間と生のマジックショー。
軽快なトークと共に楽しい時間を提供頂き、心より感謝いたします。
有難うございました!!

モーニングセミナーは休まない事が一番重要。
参加すればいい事が・・・。次週の参加お待ちしております。






2022年7月19日 : 第1241回経営者モーニングセミナー
日 時:7月19日(火)
場 所:若鮨はさま館

講 師:命を守る大切さを語りつなぐ 代表
    札幌市倫理法人会所属
    三浦  浩 氏

テーマ:「語りつなぐ~津波の教訓」


5歳の時に日本海中部地震(1983年)、15歳の時に北海道南西沖地震(1993年)による津波で被災した。
青森県で生まれ奥尻島で育つ。
29年前父を亡くし、奥尻島で18年間消防士。

北海道南西沖地震M7.8、地震後3分で津波が来る。
トランクス1枚の姿で祖父を連れ出し、なんとか助かる → 命さえあれば未来は開ける。
令和4年4月4日 44歳、北海道新聞から記事にして頂き車で全国巡業中。
もしもの時、一人でも多くの人を救いたい。
決めて行動すると奇跡が起きる。
命を守る必需品  救命胴衣、発煙筒、カナヅチ、灯り、常に携帯準備する。
事実はなかなか伝わりにくいが、物語りは伝わり易い、という思いで紙芝居をつくる。
語りつなぎ一人でも多くの人を救いたい。一念の全国行脚。
念願成就をお祈り申し上げます。有難うございました。







会長挨拶は、伊藤裕之副会長でした。







メール会員登録はこちら▼

事務局へのアクセス


お問い合わせはこちら
0220-22-6548
営業時間 10:00~16:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日